忍者ブログ
TWシルバーレインのPC白霄院珠玖伽と祇神絖哉、祇之森譲刃、ミリル・ゴーテヴェルン(+背後)の日記…とゆうか雑記?っぽいものです。そしてアンオフィ要素は高めなのでお気をつけを。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

冷たい雪の中。

僕はその雪の中にうずくまっていた。

兄弟と争い、負傷した傷が治りきらず、そうするしかなかった。

じんじんとした痛みが、孤独と共に僕をせめ立てた。

仕方ないだろう。これがお前の罪だ。

…と。

ああ、確かに僕は罪人だ、仕方ない。

でも、罪を重ねる事はやめられない、止められない。

…だいじょうぶ?

舌ったらずな幼い少女の声がした。
彼は僅かに顎を持ち上げ、その声の主を見上げる。
そこには仕立ての良い白い着物を着た少女がいた。
僅かに青がかかって黒い髪は地面に届くか届かないかの長さで、手入れが行き届いて見える。
大きく丸い目は蒼く、晴れた空のように鮮やかな色をしていた。
まるで職人が丹精込めて作り上げた人形の如く美しい少女。
だが、その少女の方こそ、大丈夫か問いたくなる様子だった。
寒さのせいで凍える身体。
「さむい…?」
冷え切ったソレは目に見えて震えている。
寒いのはキミの方だろ。
「わんちゃん…?」
そのクセに、彼に手を伸ばしてきた。
今の彼は傷の治療に専念する為に、小さな子狼の姿しかとれない。
弱って動けない彼の体はいとも容易く少女の腕の中に納まる。
少女は彼を抱きしめて座り込んだ。
抱きしめられた衝撃で、傷が疼く。
何するんだ、この馬鹿人間。
癇に障った彼は、唯一どうにか動きそうな前足で少女の手を引っ掻いた。
「…ぃっ…」
少女は小さく唇を噛んで悲鳴をのみ込んだ。
「だいじょうぶだよ…こわくないよ…」
ボクは怖がってる訳じゃない。
心の中で否定する。ただ単に、不快だったから引っ掻いただけだ。
「…だいじょうぶだよ…いまだけでも…わたしが、そばに…」
なのに、少女は尚も彼に小さな小さな、消えそうな声で囁き続ける。
「わたしも…もう、ひとりぼっちだから…いっしょに、いてあげるよ…」
幼い顔に似合わない悲哀を含んだ声で少女が囁く。
ひとりぼっち?
…へぇ。
「きみも…ひとりぼっち…?」
…かもね。
「…そう、なんだ…」
小さく、哀しそうに笑う少女。
それを振り払うように、少女は小さく首を振る。
「…なら、もう、ひとりぼっちじゃないよ…きみも…わたしも…」
ほわりと、少女が微笑んだ。
小さな手が慈しみを持った手つきで彼を撫でる。
久しぶりに感じた、温もり。
触れられた場所は小さな灯りが燈った様に、温かかった。
だが、彼の額にぴちゃんと、冷たいモノが降ってきた。
何だろう、と、彼は顔を上げる。
水滴の源は、彼女の涙だった。
「…っぅ……あ、ごめん……ね…」
声を上げずに、少女が涙を次々と零す。
涙に濡れた瞳は空を凍りつかせて光を透かしたような色。
彼が今まで見た事もないほど、綺麗な色だった。
だけど、どうしてか見ていられなくて、彼は少女の頬に手を伸ばした。
傷が痛んだが、構わなかった。
どうしてかは理解できなかった。だが、ただ、少女が泣いているのを見るのが嫌で仕方無くて。
「わたしのこと…なぐさめてくれるの…?」
少しきょとんとした表情をして、それから、少女が笑う。
少女はそっと愛おしげに手を伸ばし、彼を抱きすくめて、頬擦りした。
弱弱しい力は優しい感触がして、彼はされるがままにしていた。
花の様な甘い匂いが仄かにして、彼は匂いをふんふんと嗅いでみると、彼女はくすぐったそうにして身じろぎした。
「きみは…やさしいこ、だね…」
少女が優しく笑顔を浮かべ、彼の頭を優しく撫でた。
やわらかくて、あたたかい。
あんまりに心地よかったので、彼は目を瞑った。
「…きみ…あったかい…ね…」
少女の声が少しずつ、小さくなっていく。
頭を撫でる手が、ゆっくり、ゆっくりと、次第に緩慢になってくる。
眠くなってきたのかもしれない。…それなら、ボクも少しだけ、寝ても良い、かもしれない。
「そばに…いてね…ずっと…」
幼く甘い声が、密やかに彼の耳に言の葉を囁く。
「ずっと…ずっと……わたしも…いっしょに…いる、から……」
…分かった。ボクが、傍に居るよ…。
傍で、キミを護るよ。
何をしてでも、傍に居るよ。
「…うん…ありがと…」
雪の結晶のように、淡く優しい笑みを浮かべると、そのまま少女は眠りに落ちた。
そして、2人は仄かな温みを分け合って、微睡んだ。

*****

目覚め。
「…あぁ、朝か」
天狼は小さくひとりごち、まばゆく朝の光に輝く銀の髪を掻き上げた。
…ずいぶんと、幸せな…過去の夢を見たものだ。
現実には酷く遠く、くだらな過ぎて自分で笑えてくる。
…だが、確実に、手に入れる。
「キミが…約束を覚えていなくても…」
口から、言葉が零れる。
あれは約束と言えるものだったのか、分からないけど。
ボクは、キミを傍で、護る為に
キミの傍に居る為に。
「ボクは、キミを手に入れる…」
あの時の約束を、護る。
彼は気付かない。
それが、いつの間にか約束と違ったものになっている事に。
彼女の自由を奪い、彼女の笑顔を失くす事でしかないという事に。
彼女の望みだという逃げ道で誤魔化した、自分の望みだという事に。
「キミを…護る為に」
PR
この記事にコメントする
           
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
音の箱
ボカロのお気に入り曲 たまに入れ替えたりするかも
最新コメント
[09/13 キリキリマイ(何]
[09/01 キリキリマイ(何]
[08/16 キリキリマイ(何]
[07/27 キリキリマイ(何]
[07/20 八雲ヶ崎]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
白霄院珠玖伽
性別:
女性
職業:
銀誓館学園生徒
趣味:
鍛錬、甘いモノづくり
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
ほっとけーきさん
押したら…だめですよ?
…ということで、さぁっ!(待)
Copyright ©  -- 雪花の舞う小さな刻 --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Material by White Board

忍者ブログ  /  [PR]